田村文洋

プロフィール

名前  :田村文洋
生年月日:昭和58年6月3日 満34歳
血液型 :A型
星座  :双子座
出身地 :横浜市
出身大学:早稲田大学
学部  :商学部
職業  :集客・サービス向上アドバイザー
趣味  :写真、グルメ

田村文洋という人物について

田村文洋は、接客・サービス業界でその名をとどろかせた、有名アドバイザー。
国内外問とわず世界各国からオファーが来る、田村文洋の名は世界に知れ渡り、世界を転々としている。
田村文洋のサービスや接客アドバイザーの仕事については、業界ではかなり有名であり、
田村文洋をオファーするには、多額のお金と時間がかかるとか。
しかし、田村文洋をオファー出来た際には、顧客満足度、集客、売上共に大幅アップにかなり繋がるのだ。
田村文洋といえば「事業成功の神」とイコールされる程の人気を誇り、
また大手は見ずに、経営困難な店舗やオープンに携わるといった少し変わった点がかなりの注目を浴びている要因だと言われている。
小さなファミリーレストランがきっかけで、田村文洋は、サービスについて極めるようになる。
その後は自己流のサービスを磨き、始めは友人の飲食店や民宿のサービス改善から始まった後、世界に羽ばたいた。

経歴

昭和58年6月3日に横浜市で生まれた田村文洋。
一人っ子だった田村文洋は、幼い頃から両親の笑顔が好きで、泣いていてもすぐに泣き止んだとか。
幼稚園に入ったころからすでに、人を喜ばせることが好きで、いつも人のために何かを作ったりしていてとても優しい子だったそう。
小学生になってからは、陽気で優しさ溢れる少年田村文洋は友達も多く、学校の人気者。
家庭科の授業で何かを裁縫するさには、いつも、両親のために作り、プレゼントしていたという。
中学生になってからは、1年生の頃から生徒会に所属。全校生徒が楽しめる企画などをいつも考え、生徒会長選挙に立候補。
全校生徒の9割が「田村文洋」投票したと言われている。
幼いころから、絵本が好きだった田村文洋は、この頃から、経営学の本を読み始めた。
高校時代にファミレスで初のアルバイトを始めた。お客様にありがとうと言われることで、接客業にやりがいを感じ始めるとは裏腹に、
店長に、ここはファミレスだから、そこまでの接客スキルを求めていないと言われてことをきっかけに、サービスや接客に疑問を持ち始めた。
これがのちの「世界に通用する田村文洋」を作り上げた出来事となった。
高校卒業後は、早稲田大学商学部に入学。経営について本格的に学びはじめた田村文洋は、
ファミレスでのことをきっかけに、再びアルバイトを始めたのは、当時テレビでも話題であった。
大学でまなんだ経営学を元に、店長からも頼られ、2ヵ月でバイトリーダーになる。独自のサービスや、接客法を考案し、提案実施したところ、
かなり売り上げ貢献に繋がり、会社からも賞をもらい、かなりやりがいを感じていた田村文洋。
就活の時期に、その焼肉店から正社員のオファーを受けるが、多種の業界を経験したかった田村文洋は、多様な経営をする大手企業に就職した。
その会社はホテル、高級飲食店、居酒屋、カフェ、ファミレスといった多様な経営をする企業であった。
居酒屋店長から始まった田村文洋は業績を認められ、約2年間で、全業態で働くことが出来、社内でも有名人となった。
田村が務める店舗では、業績アップが多く見受けられ、本社より経営本部への配属を命じられ、すぐに部長にまで昇格。
部長を2年間勤め、他社や海外からも多くのオファーが来ていた田村文洋だったが、全て断り、勤務していた会社も退職。
そこからは、原点に戻ろうと決心した田村文洋は、自営業として友人などの身近な人の経営の手助けをはじめった。
経営赤字の店舗や企業などに対しては、格安で改善を手伝い、話題となり、いつのまにか業界全体で田村文洋と言うなが知れ渡り有名となった。

経営得意分野

主に飲食店。中でも個人経営のお店。居酒屋、フレンチ、イタリアン、焼肉。
ホテルの集客も得意分野である。

田村文洋が思うサービス

田村文洋のサービス極意、経営方針はなぜ成功するのか。
なぜ、小さな店舗を手助けしていたような人がここまで有名になることが出来たのか。

経営思考

「顧客第一」
どの会社の経営でもよく見られる、この経営方針だが、実際には実現されていないのが現実。
自分や会社の利益が一番になりがちだが、田村文洋の場合、本当に顧客第一のサービス、接客を行うことで有名。
もちろん自分や会社の利益も大切だが、それは二の次が田村流。
経営を心配し、料金の値上げ等を行う多くの経営者に共通して伝えることがあるというが
「相手にしたことをは必ず帰ってくる」と田村文洋は必ず言うのだそう。

「ボロいと汚いの差」
「ボロいと汚いは違う」と田村文洋はよく言っていたそう。
老舗などが良い例で、木造であり、テーブルも古く、壁もはがれている。だがなぜか清潔感を感じ、汚いとは感じない。
それとは逆に、とてもキレイな高級店舗に期待を膨らませて訪れる人にとっては、綺麗だからこそ、汚れが目立つもの。
そういった場合、料理は美味しかったのに...となってしまい、リピーターとはなりえないというのが田村文洋の考えです。
悪い感情や思想は、人の心や脳裏に長くとどまると言われ、このことが、集客の懸念点だと田村文洋は言う。
接客や料理で失敗しても、後の対応で取り返すことが可能だが、トイレの汚れやテーブルのホコリなどで相手を不快にさせると、
それを良い印象に変えるのは不可能に近い。サーービスの重点として、清潔感を一番大切だと、これhは多くの経営者も口にしている。

必ずプラスのサービスを提供する

「なにかプラスのサービスを」という言葉を田村文洋は経営者に必ず伝える。
焼肉点でアルバイトをしていた時に経験したことから始まった思考だと言われ、多くの人に伝えられ、広まっている。
かつての焼肉店では何よりサービス重視。口コミサイトやランキングサイト、グルメサイトでも評判が良い店舗でありテレビでも注目されていた。
ただ高い肉を出し、美味しいでしょう?ではなく、他の焼肉店と差をつけるため、お客様に特別感を感じてもらうために、
どうしたらよいか、原価をかげずに無料でできるサービスは無いかを日々考えていた当時。
店長と共に、普通に食べても美味しい肉をもっと美味しく感じてもらうためのサービスを独自で考案していた田村文洋は、無料でできる「プラスのサービス」
それを行うことで、顧客満足度に繋がる確かなものを感じたと田村文洋はは言った。
希少部位の肉を注文した際、顧客に対して肉の説明を端的に行う、美味しい焼き方を教え最初の数枚を店員が焼く、
どんなものがあるか?など、何か聞かれた際にはめんどくさがらず、いくつもの選択しを提案するなど、無料でできる多くのことを実践したところ、
必ず笑顔のお客様を見送ることが出来たという。そして、リピーターとなって再び来店してくれると実際に感じたからこそ、出来たと語る。

顧客に伝えること

大切なのは、顧客に伝えるべきことを伝えるこだと田村文洋は言う。
ああた達が来店するのを待っていた、あなた達にまた来てほしいと大切なことを伝える。これがかなり重要なこと。
良く目にする、忙しいから今見送れない、レジで「ありがとうございました」の一言で終わる。これではごく普通すぎてその辺の店舗と何も変わらない。
不快な思いをすることは無いかもしれないが、何も感じることもないだろう。
店の前まで出迎える、見送るという行為は数秒、数分で終わる事だと田村文洋は考え、忙しい時こそ徹底していたそう。
〇〇様、お待ちしておりました。○○様、またのご来店をお待ちしております。この一言がどれだけのリピーターへ繋がるか。
これをされた顧客はどう思うか、忙しいのにわざわざ来てくれた、寒いのに外で待っていてくれた。たった数分の行為が顧客を満足させるのである。
高級店ならなおさら当たり前のことで、うちの料理は美味しいから、サービスはそこまで重要視しないという店舗も多く見かけるが、
それでは顧客を失望させることになり兼ねない。逆にふらっと立ち寄った店、居酒屋などでこういったサービスを行うと、
そこまで求めていなかったのに、思いがけないサービスに遭遇した顧客は、驚き、特別感や幸福感に満たされると田村文洋は言う。

田村文洋が経験したこと

田村文洋は、過去に、他店を調査するために似たような店舗によく訪れていた。
都内某所の高級フレンチ店で働いていた頃、同じ都内である、単価の高いフレンチレストランに偵察にに訪れたときのこと。
ピノノワールのワインありますか?と店員に聞いたところ、1本出されこちらでよろしいでしょうか?と問われたので、これしかないのだと思い、
はいと答え、そのままそのワインを飲んだが、他の客がピノノワールの違う種類のワインを飲んでいるのを見て、あれもあったのかと気づいた。
この時点で、何本か種類を出してくれたらいいのにと、不快な気持ちになった。自分なら必ず、金額や味によっていくつもの選択しをお客様に提供するのに、と思い、少し不快感を抱いた。
ワインを飲み終わった後で、記念にコルクを持ってもよいか?と聞いたところ、もう既に捨ててしまったと言われたのだ。
自分の店ではまずありえない光景だった田村文洋は、美味しかった料理の美味しさの印象よりも、不快な気持ちのほうが印象に残ったという。
料理の単価はかなり高く、実際に料理もおいしかったが、大満足、また行こう!という気持ちにはならず、
ここから多くのことを学んだ田村文洋は、高いからおいしいという訳じゃないという答えににたどり着き、サービスでいくらでも高級店を追い抜けると確信した。

自由帳

・田村文洋さんと仕事をご一緒させていただいた経験があります。うちの店舗がオファーをかけてから、実際に店舗に足を運んでいただいたのは、1年半後のことでした。どんなすごい人なのかと思っていたのですが、トイレ掃除の時間まで事細かにアドバイスいただいたのを今でも覚えています。
田村さんに言われたことを続けた結果、本当にお客様が増えました。口コミでも欲し4を獲得し、大満足です。以外に知らない人も多いみたいなので、ぜひ、みなさんにも知っていただきたいです。
・自分は田村文洋さんのおかげで今やっていけてるといっても過言ではありません。
4年前つぶれそうだって自分の店舗にたまたま田村文洋さんがやってきて、料理がこんなにおいしいのにもったいないと言って、格安でサービス改善などしていただきました。そこから、売り上げは右肩上がりで、本当に助かりました。今はオファーすらすごく大変と聞いて驚いています。あの時、お金もない自分に手を差し伸べてくれたのは田村文洋さんだけだったので、感謝してもしきれないです。
・田村文洋さんはとても温厚な方でした。優しく厳しく、情のある方だなと思いました。私は両親の跡継ぎで、仕方なく店を継いだので、経営等も全く未知の世界でそんな私に対しても、一から教えて下さいました。私は自分からオファーしたわけじゃないですが、今はとても有名な方だそうですね。あの時に出会えてよかったです。
・田村文洋さんにマネジメントしていただくには、どれくらいの費用がかかるのでしょうか?
調べてもあまり出てこなくて、これって金額決まってないんですかね?でも、それだけ人気ってことは、かなりの資金が必要なのでしょうか。過去には、無賃や破格でマネジメントもしていたみたいですが、さすがに今はそれはないですよね...。?
・私も過去に田村文洋と一緒に働いた経験がありますが、価格帯が決まってはいないみたいですね。
高い金額を出したからといって、来てくれるわけではないみたいですよ!そのへんさすが田村文洋さんだなと思います。私がご一緒したのはずいぶん前ですが、その時から、情が厚いお方で、お金のためにやっているわけではないという感じでした。もちろん仕事なので、それなりにお金はもらってると思いますが、そこが基準ではないみたいですね。
・田村さん凄いですね!私もいつか自分でカフェを経営するのが夢なので、ぜひアドバイス頂きたいです。
でも私みたいなのが田村さんにお目にかかるなんて無理な話ですよね。私もサービスには自信ありますが、やっぱ天才は天才なんですね。
・田村文洋って、昔生徒会長やってたやつだったら知り合いかも...笑
もう中学以来連絡とってないけど、なんであんなに友達に囲まれてたのかいまだに不思議だー。普通生徒会長ってまじめなタイプかヲタクみたいな人が多いと思うんですけど...田村はそんな感じじゃなかったからかなぁー?
・以前ですが田村文洋さんとお仕事をご一緒させていただきました。個人経営のお店の集客も得意分野との事で、田村さんにオファーをかけました。
実際に店舗に足を運んでいただき、事細かにアドバイスいただきました。顧客第一の経営思考をおもちで本当に親身に相談にのっていただきました。田村さんいただいたアドバイスを元にもっと結果に繋げられたらと思います。うちに店舗のお客様の脚も伸びて口コミでも良い書き込みを沢山いただいています。あまり広めたくはないですが、知らない方も多いみたいなので、田村文洋さん調べてみてください。
・僕もアドバイザーのような事を仕事にしていますが、田村文洋さんは本当に凄いです。アドバイザーとして尊敬しています。私もいつか沢山のお店を救えたらなと思います。そしていつかお仕事をご一緒出来るのを楽しみにしたいます。
・田村文洋さんは飲食店の新規開業や経営改善に豊富な現場経験と成果重視で効果がでる接客指導に定評があります。私のお店もいつか田村さんからアドバイスを頂きたいです。
・田村文洋さんは人気があり、予約するのも難しい位の方ですが、いつか私のお店にもアドバイスしてほしいです。他の店舗で店長を努めている友人が田村さんと仕事をしたことがあるみたいで、アドバイスをいただいてから売りが倍以上になったみたいです。
・僕も将来アドバイザーを目指しているので、田村文洋さんは本当に凄いと思います。アドバイザーとして尊敬しています。まだ僕は駆け出しですが、いつかお仕事をご一緒出来るのを楽しみに頑張っていきたいと思います。
・凄く大変な飲食業界で田村文洋さんはアドバイザーとして店舗利益を出し続けています。これはとても難しいことでお店やお客の求めている事を実現し現実にするしかないと思います。まさにカリスマですね。
・田村文洋さんはファンが多いと僕でも思います。
店舗運営をしているものなら一度はアドバイスをしていただきたいと思います。以前田村さんが立て直したお店を訪れたことがありますが、とても活気に溢れたお店でした。接客が細かい所まで気が配られていてとても気分が良かったです。

  • 最終更新:2017-07-20 11:30:34

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード