田村文洋の料理塾

イタリアン

イタリア料理は、イタリア発症の料理方法で世界中で多くの人に好まれている料理である。
日本でも多くの人々に愛され、「イタリアン」や「イタ飯」と呼ばれることが多い。
日本でのイタリア料理の特徴とては、南イタリアなどでの特徴でもある、オリーブオイルや、オリーブ、トマトが使われることが多い。
北イタリアでは、隣接するフランスやスイスなどのように、バターや生クリームを利用した料理が多いのが特徴である。
地中海に面している地域は、魚介類を用いた料理も多く、地中海の海岸周辺国以外のヨーロッパなどではほとんど食べることのない海鮮系のタコやイカが食材の被発として使用されるのが特徴である。イタリア料理はイタリア料理でも、各地方によってそれぞれ特徴を持っていることが特徴の一つ。
そのことからも、「イタリア料理という料理は存在は無い!!」という意見もある。
イタリアは地理的にも、多様な特徴があることからイタリア王国による頭いるまで、独裁国家だった。
その国ごとに全く異なる、「ナポリ料理」や「ジェノヴァ料理」といったように、郷土料理が発達していることから言われているというのもあるようだ。

飲食店の呼び方・種類

リストランテ
コース料理を中心とした、高級料理を取り扱っているお店。
オステリア
軽食を取り扱うお店。日本でいう居酒屋で、歴史をもつ高級な料理店。アルコールやアラカルト料理が中心。
トラットリア
大衆食堂。各地の家庭料理や、地方料理を取り扱い個人経営が多い。
タヴェルナ
トラットリアとほぼ同等だが、調理済みの料理を出す簡易的な店も多い。

パスタ

パスタ料理は第一皿に分類され、小麦粉を使用し練った形態の麺類このを指す。
スープやサラダと混ぜ合わさっても、パスタと呼ぶ。
・スパゲッティ・ペンネ・ラザニア・ラビオリ・マカロニ・プカティーニ・カネロニ・ニョッキ

ピザ

ピザは平たく伸ばしたパン生地の上に具材を載せて焼いた料理。
軽食として扱われることも多いため、イタリア本国の高級料理を取り扱う店舗では商品化されていない店が多い。
最も伝統のあるピザはナポリピザであるが、イタリア各地方によって、味付けや生地に差があり、ミラノピザが最も薄いピザである。
・マルゲリータ・マリナーラ・カルツォーネ・クアットロファルマッジ・ボスカイオラ

  • 最終更新:2017-06-15 16:51:49

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード